拝啓、愛しています

 

 

 

この坂を越えたなら、
しあわせが、きっと待っている
そんなことを信じて

人生いろいろ

 

 

2011韓国/チュ・チャンミン監督

●1月例会                                                       

 

18(日) 。隠院В娃亜´■隠魁В械
19(月) 。隠粥В娃亜´■隠后В娃

例会場は、京都教育文化センター

 

 

 

 舞台化もされて大ヒットした韓国のベストセラーコミックを原作に、人生の黄昏時を迎えた男女4人の夫婦愛や友情を描いたヒューマンドラマ。牛乳配達で小遣い稼ぎをしながら引退生活を送るマンソクは、ふとしたきっかけで、毎朝、配達中にすれ違う女性イップンのことが気になりはじめる。2人のことを温かく見守っていた駐車場の管理人グンボンは、認知症の妻を献身的に介護する日々。マンソクは、イップンを介してグンボンとも親しくなり、友情を深めていく。思いがけない出会いを果たした4人は、ひと時の楽しい時間を過ごすのだが……。監督は「王になった男」のチュ・チャンミン。

 


 

   明け方、まだ街頭に照らされている曲がりくねった路地裏を、古びたバイクが走っていく。牛乳配達で小遣い稼ぎをしながら、引退生活を送っているマンソク(イ・スンジェ)だ。毎朝、配達中に通る滑りやすい急な坂道をバイクで上っていく。ある朝、重いリヤカーを引っ張りながら、苦労してその坂を下りている女性イップン(ユン・ソジョン)と出会う。イップンが転んだのを助けたことがきっかけで、マンソクは彼女のことが気になり始める。マンソクは毎朝すれ違う坂の上にバイクを停めて、彼女が来るのを心待ちにするようになる。いつもイップンに親切にしている駐車場の管理人グンボン(ソン・ジェホ)は、そんな2人を温かく見守っている。グンボンには、長年連れ添う認知症の妻(キム・スミ)がいた。妻を献身的に介護しているグンボンは、イップンを介してマンソクとも親しくなる。お互いに年を重ねてから、思いがけない出会いを果たした彼らは、愛する人を想い、支え合い、友情を深めていく。彼らのまるで若者のように充実した日々は、永遠に続くかに思えたが……。
   

 

 


前
2015年2月例会…屋根裏部屋のマリアたち
カテゴリートップ
例会上映作品
次
2014年12月例会…ローマの休日