『遠くの空に消えた』 

 

 

 

「 奇跡って待ってても
起きないんだろ?
だったら俺たちの手で
起こそうぜ。」

少年時代の最後の夏休み、信じ続ける想いが、

 今、遠くの空に届こうとしていた・・・。
 

 

2007/日本/行定 勲 監督
 
18(日) 2:00〜
19(月) 。押В娃亜´■掘В娃
20(火) 7:00〜

例会場は、京都教育文化センター

●5月例会

 

 

 

 

 緑が広がるのどかな村に、都会から一人の少年が転校してきた。おかしなギャングの集団がいたり、怪しげなバーがあったりと、一風変わった村だったが、住民たちは皆幸せに暮らしていた。その平和な村に空港建設の話が持ち上がり、反対する村人たちは建設会社と争っていた。実は、少年の父親は、空港建設のために、村に転勤してきたのだった。村の人々に溶け込み、冷徹な父親に反発していた少年は、地元の悪ガキ公平(ささの友間)は、孤独な少女ヒハル(大後寿々花)の夢を叶えるため、そして失われつつある自分たちの村を守るために、100人の仲間を麦畑に集める。

 

 『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が7年かけて脚本を仕上げた、懇親の作品。でも、“セカチュウ”や『北の零年』とは、一味違う。大人になった主人公(柏原崇が友情出演!)の少年時代を回想していくのだが、映像はモノクロっぽくもノスタルジックでもない。ディズニーアニメに登場するようなヘンテコなバーがあったり、村人たちはポップでおしゃれだったり。子供の目線で頭に焼きついた少年時代を、そのまま映像化したような作品。「何かを信じられなくなった時にパワーをくれる映画を作りたかった」と監督が言っているように、子供の心を持ち続けようとしている大人に観て欲しい意欲作。神木隆之介はじめ、主演の少年たちが眩しい。

 

   

前
2008年6月例会…パラダイス ナウ
カテゴリートップ
例会上映作品
次
2008年4月例会…シッコ