牛の鈴音

 

 

 

その老いぼれた牛は、お爺さんと一緒に
30年も働きつづけた…
「ないこと」「遅いこと」が、
こんなに美しく、温かい
2008年/韓国/イ・チュンニョル監督

 
10(日) 。隠院В娃亜´■隠魁В械
11(月) 。隠粥В娃亜´■隠后В娃

例会場は、京都教育文化センター

●4月例会

 

 

 

 韓国で2009年1月に公開されると、ドキュメンタリー映画としては異例の大ヒット。本作の多くは老夫婦と老牛の農作業のシーンで、派手さは皆無。無口なお爺さん、そしてもちろん話せない老牛の代わりに、最初からずっとしゃべり続けるお婆さん。無口で自分の感情をうまく表現できないお爺さんは、お婆さんに反論する事が出来ない。それが実にユーモラスで、果てる事がないお婆さんの愚痴(お爺さんへの愛情があるからこそ)が本作の「明るさ」につながっている。お爺さんもこの先の人生は短い。今さら生活を変えるつもりはないのだ。四季が通り過ぎ、老牛にも最後の時が来る。お婆さんと共に、人生の重要な伴侶を失ったお爺さんの後姿が印象に残る。

 

 牛の寿命は15年ほどであるが、79歳の農夫・チェ爺さんが30年間ともに働いてきた牛は、40年も生きている。お爺さんは耕作機械を使おうとせず、また、牛が食べる草が毒になるのを防ぐため農薬も使わなかった。そんなチェ爺さんに長年連れ添ってきたお婆さんは、不平不満が尽きない。

 しかしある日、かかりつけの獣医が、牛は今年の冬を越せないと告げる。冬、お爺さんは牛市場で新しい雌牛を買う。春、若い牛が雌の仔牛を産む。雌の仔牛はお金にならないため、お婆さんはがっかりする。お爺さんは市販の飼料を使わず、夜明けから牛のエサを黙々と作る。夏の終わりに大雨が降り、田んぼが水浸しになる。チェ爺さんは時々、頭が痛いと言うようになる。夫婦で老いぼれ牛が引く荷馬車に乗って町の病院に行くと、医師はお爺さんに働くのを控えるよう忠告する。病院の帰り、2人は写真館で、遺影用の写真と記念写真を撮影する。ある日、仔牛が逃げ出してお爺さんに体当たりしたため、お爺さんは仕方なく仔牛を売る。老いぼれ牛は、お爺さんとお婆さんが乗ると立ち止まってしまうようになる。お爺さんは牛を気遣い、お婆さんに降りろと怒鳴る。韓国のお盆に当たる秋夕、9人の子供たちが家族を連れてやってくる。お婆さんに頼まれた子供たちは、牛を売って隠居するようお爺さんを説得するが、お爺さんは答えない。

 秋、収穫を迎えると、次男に頼まれた近所の人が、トラクターで稲刈りを手伝いに来る。お爺さんは、機械でやると米がいくらか無駄になると言い張る。お爺さんが足に怪我をする。お婆さんに説得され、お爺さんは渋々、牛を牛市場に連れていく。しかし、牛の目から涙が落ちるのを見て、手放すのをやめる。お爺さんは、若い牛の訓練を始める。冬、老いぼれ牛が動かなくなる。お爺さんは、30年間つけていた鼻輪と鈴を外した。お爺さんが天国に行けよと声を掛けると、牛は一瞬首を振り、動かなくなる。


前
2011年5月例会…ずっとあなたを愛してる
カテゴリートップ
例会上映作品
次
2011年3月例会…オーケストラ!