善き人のためのソナタ 

 

 

この曲を本気で聴いた者は、
悪人になれない。
 
 
 

2006/ドイツ/フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督
 
22(日) 2:00〜
23(月) 。押В娃亜´■掘В娃
24(火) 7:00〜

例会場は、京都教育文化センター

●12月例会

 

 

 

 

  1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。成功すれば出世が待っていた。しかし予期していなかったのは、彼らの世界に近づくことで監視する側である自分自身が変えられてしまうということだった。国家を信じ忠実に仕えてきたヴィースラーだったが、盗聴器を通して知る、自由、愛、音楽、文学に影響を受け、いつの間にか今まで知ることのなかった新しい人生に目覚めていく。ふたりの男女を通じて、あの壁の向こう側へと世界が開かれていくのだった…。

 

 1989年のベルリンの壁崩壊は、冷戦時代の終焉を告げる出来事として人々の記憶に残っている。しかし、旧東ドイツでその支配中枢を担っていたシュタージについては、統一後も、長い間映画のテーマとして描かれることはほとんどタブー視されていた。そして17年を経た今、ようやく人々は重い口を開き当時の状況を語り始めた。初監督作にして世界で大絶賛を浴びるのは、弱冠33歳のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。取材に4年を費やし、秘密組織“シュタージ”の内幕を描いた本作は“近年のドイツでもっとも重要な映画”と称賛された。出演は、自身も監視された過去を持つ東ドイツ出身の名優ウルリッヒ・ミューエ。変わりゆくヴィースラーの哀しみと歓びを静かに物語る。(作品資料より)

 

 

前
2008年1月例会…恋するトマト
カテゴリートップ
例会上映作品
次
2007年11月例会・・・ディア・ピョンヤン